mug OKAYAMA ONLINE

MUSIC INTERVIEW:UNBRANFORD

今年4月にはバンド史上最大キャパとなる岡山CRAZYMAMA KINGDOMでのワンマンライブを成功させるなど岡山の音楽シーンで大活躍している、 UNBRANFORD。
 ピアノボーカル(写真右:矢田)とドラムコーラス(写真左:パンツゴンザレス哲朗)という異色のスタイルで~ 心に寄り添う音楽 ~をモットーに次々と楽曲を送り出している。 8thシングル「空はいつも君と繋がっている」(以下、 空君)を4/20にリリース。 J-POP界では岡山で一番勢いのある2人組として、多くのファンに支持されている。


 

■UNBRANFORD(アンブランフォード)というバンド名の由来を教えて下さい。

 結成当初、 バンド名がなかなか決まらず悩んだ末にグーグルマップでズームインした場所をバンド名にしよう! という話になり、 たまたまズームインした場所がアメリカのとある町 〝ブランフォード"だったんです(笑) それに打ち消しの意味で〝UN"を付けました。 「僕たちは〝ブランフォード"じゃないよ!」 って意味になります(笑) ちなみにパンツゴンザレス哲朗という芸名の由来もよく聞かれますが、 実は学生時代のニックネームがもとになっていて「いつでもあなたの身近な存在(=音楽)でありたい」という意味が込められています。

 

 

■現在、 岡山でどのような音楽活動をされていますか?

 この度、 吉備高原サラブリトレーニングの公式チャリティーイメージソングに「空君」を選んでいただきました。 また、 池田動物園応援ソングの提供やライブやイベントなど様々な活動をしています。 第17回日本スカウトジャンボリーでは公式イメージソングにも選ばれ、 テーマソングの編曲も担当し1万3,000人の前で演奏しました。

■結成4年目を迎え今年の4月にはバンド史上最大キャパでのワンマンライブを成功されたそうですね。 手応えはいかがでしたか?

 ワンマンでは、初めて岡山CRAZYMAMA KINGDOMでライブをさせていただいたのですが終始緊張していましたね。 ドラムの僕(哲朗)がピアノを弾いて矢田がピンボーカルで歌う場面や、2人だけの音で構成したアコースティックのセクションを設けるなど、 新しいUNBRANFORDを見ていただきたくて初めての事にも挑戦しました。 来て下さったファンの方からも「感動しました!」との声を沢山いただき、 もっともっと前を向いて進んでいきたいなと思いました。

 

 

■UNBRANFORDの楽曲はとてもキャッチーで爽やかな楽曲が多いですが最新シングル「空はいつも君と繋がっている」はどんなシチュエーションで聴いて欲しいですか?

 僕たちの楽曲は聴いてくださる人の心に寄り添えるよう意識して創っています。 この曲も、 日常の色々な場で聴いて頂きたいと思っています。 例えば進学や就職で新しい生活を始める時、 親しい人と遠く離れ離れになる時― そんな孤独を感じるときに聴いて欲しいです。 毎日会えなくても、 青くどこまでも繋がる空を見上げると、 遠く離れた大切な誰かを身近に感じる事が出来る、 心の繋がりは消えないんだという想いを込めて制作した楽曲です。

■「空はいつも君と繋がっている」のMVを拝見しました。 沢山の方の協力のもと完成したという事が伝わる温かいMVになっていますね! 制作秘話を教えてください。

 早朝から深夜まで2日間かけてMVを撮影しました。 女優さんのキャスティングやエキストラさんの手配など制作スタッフと撮影直前まで駆け回って準備しました。 監督は大学時代の友人にお願いし、 撮影は東京からプロのカメラマンさんに来ていただきました。 その他、 ファンの方々や一般公募のエキストラの皆さんを含め多くの方々に協力していただいたからこそ完成したMVだと思っています。 青空が出るかどうかハラハラしながら迎えた撮影日当日でしたが、 見事に青空が広がり天候にも恵まれましたね。

■最後にmug読者にメッセージをお願いします。

 このインタビューを通じ僕たちの音楽に興味を持ってくださった方、 是非一度僕たちの曲を聴いてみてください。 アンブラの楽曲はiTunes Storeでも配信されているので、 携帯などで聴いて頂ければ幸いです! そして「いいね!」と感じてくださった方は、 身近な方にもお薦めしてください。 そうして、 どんどん色んな方と繋がっていけると嬉しいです。 皆さんに寄り添う楽曲を今後もお届けしたいと思っていますので応援を宜しくお願いします! 暑い夏は海のお供としても聴いていただきたいです。(笑)

 


■UNBRANFORD紹介記事はこちらをどうぞ

UNBRANFORD≪mug music≫

interviewer:cafe mugオーナー

 

cafe mug  倉敷市玉島爪崎439-3


 

■□■店舗紹介ページ

cafe mugでたのしむ珈琲と食事と音楽

※フリーマガジンmug vol.8 掲載

               
Facebook